葉酸の取りすぎ危険?!※副作用とは…|葉酸サプリランキング.com

葉酸は妊娠中の女性が出産を備えて体調を整えるのに絶対不可欠な栄養素であり、胎児の正常な発育にも好影響を及ぼします。
また葉酸は、妊娠中に限らず、私達の体の機能を正常に動作させる効果作用もあり、実は日頃から慢性的に不足しやすい栄養成分でもあるのです。
しかし、葉酸の摂取は多ければ多いほど効果が強く出るというものではなく、必要量を守ってこそ、葉酸の働きをより機能的にしてくれるのです。
今のところ、厚生労働省では、1日1,000マイクログラム以上の葉酸の過剰摂取は避けるよう呼びかけており、妊婦の葉酸必要量は約0.4mgとされています。
また普通の成人であれば、1日約0.2mgの葉酸摂取が望ましいとされています。
実は、葉酸の1日必要量を補うには、かなりの量のブロッコリーや野菜から摂取しないと、なかなか過剰摂取に至らないのが現状です。
しかし、そんな時に一度に纏めて必要量が摂れるのが体内への吸収率が高い葉酸サプリメントなのです。
葉酸サプリメントは、1日1~2粒服用するだけでも、すぐに1日必要量の葉酸が摂れちゃう訳ですから、過剰摂取になるリスクが高いのです。
例えば、これまで葉酸サプリメントを過剰摂取して副作用が出た例として、不眠症や消化器官の不快感、食欲不振、吐き気、むくみなどが報告されています。
必ずしもこのような副作用が出るとは限りませんが、ちゃんと1日必要量の目安を守って、葉酸サプリを摂取しておけば、まず心配ありません。
葉酸サプリメントは、不妊や妊娠中の身体作りに大変有効だけでなく、普段の健康増進にも大きく期待できますから、必ず服用量だけは守って下さいね。

大人気記事


⇒【厳選】葉酸サプリ人気ランキング大特集ページ!!