卵を育てる薬、排卵を促す注射でタイミング指導|妊活中

卵を育てる薬、排卵を促す注射でタイミング指導|妊活中

ハンドルネーム

 

mochi_cream

年齡

 

30歳です。

期間

 

2012年夏ごろから2014年6月までの約2年間です。

妊活の理由は?

 

私たち夫婦よりも後に結婚した人たちが次々と妊娠・出産しているのを聞いて、「私たちもそろそろ子供が欲しいね」と夫と話していました。ところが、半年ほど自己流のタイミング法を試していたにも関わらず中々妊娠しませんでした。そのとき私はまだぎりぎり20台でしたし、それほど焦ってはいませんでしたが、30代の夫は「いつ子供ができるんだー」と早く欲しそうだったので、「それならば!」と思い切って産婦人科を受診したのが最初です。

妊活の方法は?

 

最初の半年は自己流のタイミング法です。毎朝基礎体温を計測して排卵日付近に仲良ししていました。その後近所の産婦人科に通うようになり、卵を育てる薬、排卵を促す注射を使ったタイミング指導を受けましたが妊娠には至りませんでした。年明けと同時に不妊治療に力を入れている産婦人科に転院し、最初は検査を受けながらのタイミング指導でしたが妊娠しませんでした。そこで思い切って人工授精に切り替えたところ、2回目の挑戦でついに妊娠することができました。

婦人科は利用しましたか?

 

最初の産婦人科はただ単に家から近かったという理由で利用しました。タイミング指導を受けましたが、1周期あたりだいたい2回の通院でした。その後、6回タイミング指導を受けても妊娠できないので、私もさすがに焦ってきて不妊治療に力を入れている産婦人科への転院を決意しました。転院した産婦人科は人工授精のときはだいたい1周期あたり4回くらいの通院でした。

気を付けたことは?

 

体が冷えないように腹巻をしました。職場では冬の間は足元が冷えないようにタイツの上からさらに靴下を2足重ねばきしていました。また、体質改善につながるのではとの思いから、できるだけ歩くようにしたり、養命酒を飲んだり、足の裏にお灸をしたりもしていました。

妊活のおすすめ情報

 

冷え対策、体質改善、バランスの良い食事、適度な運動・・・と色々なことを試してみましたが、やっと妊娠できた今、思うことは、やはり良いドクターに出会うこと、医療の力を信じることではないかと思います。

 

大人気記事


⇒妊活口コミブログまとめ完全版!!【知っておけばよかった…】